スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<民主党>「米大使館、日本政府に不信感」と小沢幹事長語る(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は22日、鹿児島市で連合鹿児島の幹部と意見交換した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「在日米国大使館の関係者と会食したが、日本政府に強い不信感を抱いていると感じた」と日米関係の悪化に懸念を示した。出席者が明かした。

 政府が検討している鹿児島県・徳之島への移設案について連合側が「あきらめてほしい」と要請したのに対し、小沢氏は「普天間や徳之島の問題について、政府から説明や相談はない。政府が言うことに干渉するつもりはない」と距離を置く姿勢を強調した。

 小沢氏はまた、企業・団体献金を禁止する政治資金規正法の改正に関し「与野党でいろいろ(協議を)やっているが、今国会で成立させるのは厳しいかもしれない」との見方を示した。【福岡静哉、念佛明奈】

【関連ニュース】
普天間:米国務次官補が27日訪日 協議の行方は不透明
普天間問題:社民幹事長、徳之島移設案に反対
米国:キャンベル次官補訪日へ 普天間移設など協議
党首討論:鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈
普天間問題:鳩山首相「5月末までに五月晴れ」

国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
無登録で未公開株販売 経営コンサル会社元社長ら逮捕 17億円売り上げ(産経新聞)
ひったくり許すな! ワースト1の足立で“実演”(産経新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)

「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)

 読売新聞社と韓国日報社の日韓共同世論調査によると、日本人が親しみを感じる韓国人のトップは、女子フィギュアスケートの金妍児(キムヨナ)選手(50%)、韓国人が最も親しみを感じる日本人は浅田真央選手(43%)だった。

 日本側では金選手に、プロ野球・巨人の李承●(イスンヨプ)選手21%、俳優のペ・ヨンジュンさん18%――などが続いた。(●は「火」へんに「華」)

 韓国側では、女子フィギュアスケートの安藤美姫選手と、米大リーグ・マリナーズのイチロー選手が18%で並び、2番目に多かった。

 調査は日韓の芸能・スポーツ界などの各11人の中から、3人まで挙げてもらった。

毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める-河村名古屋市長(時事通信)
明るい色彩で描く「重さ」 “異色アーティスト”O JUN(産経新聞)

<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)

 阿部真理子さん51歳(あべ・まりこ=イラストレーター)3月29日、内臓疾患のため死去。葬儀は済ませた。お別れの会を後日開く。自宅は福島県郡山市深沢2の11の10。喪主は弟充宏(みつひろ)さん。

 都会的センスにあふれた絵柄で雑誌、新聞などで活躍。作品に絵本「ボクがこんなにふとった理由」、池澤夏樹さんとの共著「メランコリア」など。

【関連ニュース】
<写真特集>追悼 井上ひさしさん
<写真特集>追悼 木村拓也さん
悼む:映画評論家・双葉十三郎さん=昨年12月12日死去・99歳
悼む:囲碁棋士九段・元関西棋院理事長、橋本昌二さん

茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
民主党、大阪・岡部氏…全3人区に2人擁立(読売新聞)
<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)
東北新幹線八戸-新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)

井上ひさしさん死去 作家、小説「吉里吉里人」 75歳(産経新聞)

 小説「吉里吉里人(きりきりじん)」やNHKの連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本のほか、戯曲やエッセーなど多彩な分野で活躍した作家の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名・廈=ひさし)さんが9日夜、死去した。75歳だった。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。

 家族によると、昨年10月末に肺がんと診断され、11月から抗がん剤治療を受けていたという。

 井上さんは昭和9年、山形県生まれ。上智大在学中から浅草のストリップ劇場「フランス座」文芸部に所属し、台本を書き始めた。39年からは、5年間続いた「ひょっこりひょうたん島」の台本を童話、放送作家の山元護久さんとともに執筆、一躍人気を集めた。

 44年、戯曲「日本人のへそ」を発表して演劇界デビュー。47年に「道元の冒険」で岸田戯曲賞を受賞して、劇作家としての地位を確立した。奇想と批判精神に満ちた喜劇や評伝劇などで劇場をわかせ、59年には自身の戯曲のみを上演する劇団「こまつ座」の旗揚げ公演を行った。

 小説家としても、47年に江戸戯作者群像を軽妙なタッチで描いた小説「手鎖心中」で直木賞を受賞。絶妙な言葉遊び、ユーモアたっぷりの作風で多くの読者に支持され、エッセーの名手としても知られた。遅筆でも有名で、「遅筆堂」とも自称していた。

 一方、戦争責任問題を創作のテーマに掲げ、東京裁判や原爆を主題にした作品も数多く発表。平成15年から19年にかけて日本ペンクラブ会長を務め、16年には護憲を訴える「九条の会」を作家の大江健三郎さんらとともに設立した。

 戯曲「しみじみ日本・乃木大将」「小林一茶」で紀伊国屋演劇賞と読売文学賞(戯曲部門)、「吉里吉里人」で日本SF大賞、読売文学賞(小説部門)。小説「腹鼓記」「不忠臣蔵」で吉川英治文学賞、「東京セブンローズ」で菊池寛賞など受賞多数。16年に文化功労者、21年に日本芸術院会員に選ばれた。

                   ◇

 ◆哲学者、梅原猛さんの話「『ひょっこりひょうたん島』のころから恐ろしい逸材と思っていた。井上君の喜劇はピリッとした社会風刺とユーモアに満ちていて、いつも弱者の立場に立っていた。喜劇の新しい形を作った人物で、思想の違いを超えて尊敬していた。ここ2、3年は会っていなかったが、僕も3回がんをやっているから大丈夫だろうと思っていたので、残念でならない。85歳の僕よりだいぶ若いのに…」

 ◆今村忠純・大妻女子大教授(日本近代文学)の話「昨年10月には雑誌のこまつ座25周年特集で対談し、『こまつ座で、じっくり脚本を書いていく』との話が印象的だった。あらゆる領域で活躍され、何十人かかってもできない仕事量をこなした。小説と戯曲が両輪になり、読み物に大きな価値を与えた」

<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)
放鳥トキ、初の産卵 環境省が確認(産経新聞)
<生活保護>受給者の自殺率、一般の2倍超(毎日新聞)
<銃声>連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件-金沢(時事通信)

中曽根元秘書を公認 みんなの党(産経新聞)

 みんなの党は7日、夏の参院選の比例代表に、新人で中曽根康弘元首相の元政策秘書、田中茂氏(53)を新たに公認した。これにより、同党の公認候補は選挙区4、比例代表7の計11人になった。

【関連記事】
みんなの党が支部 山形
参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長
政界の流動化が加速か 小沢氏の影チラリ?
参院選複数擁立 共倒れリスクに党内で反発も 
みんなの党、公認候補を30人に上方修正
「中国内陸部の資源事情とは…?」

普天間、「腹案」で調整開始=鳩山首相(時事通信)
舛添氏、新党に不参加、自民役職にもつかず(産経新聞)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
プロフィール

ミスターこういちみやた

Author:ミスターこういちみやた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。