スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<運転見合わせ>JR中央線快速、東京-高尾間で 午後7時19分ごろ運転再開(毎日新聞)

 JR八王子駅で11日午後6時34分ごろ、ホームから線路に人が転落したため、中央線快速が一時、東京-高尾駅間の上下線で運転を見合わせた。午後7時19分ごろ運転を再開した。【毎日jp編集部】

<口蹄疫>「自衛しかない」 都城、県境「早く封じ込めを」(毎日新聞)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)
超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)
デンマークの認知症ケア 29日にシンポジウム(産経新聞)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
スポンサーサイト

<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)

 銅像の強度と脚線美の両立なるか--。JR亀有駅(東京都葛飾区)前の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」のキャラクターで女性警察官、秋本カトリーヌ麗子の銅像「麗子像」が足元から曲げられた事件で、銅像を制作した竹中銅器(富山県高岡市)の担当者が26日、現状確認に訪れた。銅像そのものを作り直すか部分的な補強にするかなど今後の方針を検討するためで、同社は「麗子のイメージを壊さないで強度を上げる最適な方法を考えたい」としている。【山田奈緒】

【事件の第一報】こち亀:今度は「麗子像」曲げられる

 担当者によると、麗子像は両脚のアキレス腱のあたりが繰り返し曲げられたことにより、金属疲労を起こしている可能性が高い。足にブーツを履かせるデザインにして補強する、より強度のある心棒を通すなどの対策を今後、検討していくという。

 同駅周辺にはこち亀キャラクターの銅像が計11体ある。麗子像は区などが今年3月に設置。今月19日に傾いているのが見つかり、22日になって今度は再び何者かによって真っすぐに戻されているのが確認された。

 4月に主人公の両さん(両津勘吉)の銅像が持つマラカスが折られる事件が起きたばかりだっただけに、立て続けの受難は地元の人たちに波紋を広げている。地元の商店街の平岩敏夫会長は「街のシンボルとして大事に見守っていたのに悲しい」と話す。

 駅周辺の七つの商店街が協力して作った銅像群の散策マップでは麗子像を「その完ぺきなスタイルで見る人全員を魅了するぞ」と紹介。地元のマドンナに位置づけられている。このため、地元住民からは「麗子が修理で大根足になるのはいやだ」との声もある。

 区も「予算の制約もあるが、麗子のスタイルは守らねば」と話しており、補強とスタイルの両立の難題に取り組むことになる。

【関連ニュース】
【さらなる展開】こち亀:曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?
【写真特集】こち亀:両さんの銅像壊される 東京・葛飾
【関連記事】両さん像損壊:容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署
【両さんの像は】こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有

<漫画家>「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮(毎日新聞)
パロマ事故で元社長らの有罪確定へ(産経新聞)
囲碁 本因坊七番勝負第2局 山下、手厚い封じ手(毎日新聞)
「産ませたら不幸になる」 容疑の医師が供述 不同意堕胎事件(産経新聞)
わいせつ罪で起訴 消防副士長を免職(産経新聞)

山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)

 地方自治体の首長らが結成した「日本創新党」党首の山田宏・東京都杉並区長は25日、区長を辞職し、夏の参院選比例代表に立候補する意向を固めた。同日午後、区役所で会見し正式表明する。同党は30日に都内で結党大会を予定しており、党幹部は「党大会前に決断すると以前から言っていた。区政との関係も考え、決めたのだろう」と語った。

 日本創新党は13日、参院選比例代表に中田宏・前横浜市長らを擁立するなど、計6人の第1次公認候補を発表。山田氏は公認発表の会見で、自らの出馬について「『党首であるあなたが立たないとだめだ』という声も多く、尊重しつつ早期に答えを出したい」と話していた。【笈田直樹】

宇宙から帰還の「神秘の種」芽吹く 若田さんと無重力の旅「山高神代桜」(産経新聞)
<詐欺>容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設(毎日新聞)
<吉本興業>「笑いは健康によい」科学的に実証(毎日新聞)
トランクに運転手遺体=首に切られた傷―神奈川(時事通信)
<口蹄疫>農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で(毎日新聞)

北朝鮮で生存確認、「寺越さん死亡」を取り消し 海保(産経新聞)

 昭和38年に能登半島沖の日本海で消息を絶った後、北朝鮮で生存が判明し、平成6年に死亡したと伝えられた寺越外雄さん=石川県志賀町=について、「救う会兵庫」は13日、第9管区海上保安本部(新潟市)が死亡認定を取り消したことを明らかにした。

 兄の文雄さん(74)=神戸市=が同会を通じて「死亡認定取消認定願」を提出していた。

 同会によると、外雄さんはもう1人の兄、昭二さんらと出漁中に行方不明となり、海保が死亡認定した。しかし、昭和62年に外雄さんから手紙が届き、北朝鮮での生存が判明。結婚して子供2人がおり、外雄さんの家族から、文雄さんに生活の窮状を訴える手紙が届いているという。

【関連記事】
昭和38年失跡の寺越外雄さん、北で生存
寺越さん家族が拉致被害者認定を政府に要請
「苦難の行軍」北から届いた手紙100通 “拉致被害者”の子供たち
拉致問題に薄情な韓国、被害者は日本の30倍なのに…
朝鮮学校無償化先送りで総連に分裂危機…偽装韓国籍、ソフト化もやまぬ生徒離れ

煙出ない「新型たばこ」 売れ行き出だし好調(J-CASTニュース)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
ジャンボひと筋「3億円当たればハワイ移住」 宝くじ発売(産経新聞)

痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う-警察庁(時事通信)

 警視庁と埼玉、千葉、神奈川各県警が実施した首都圏の電車内の痴漢取り締まり強化期間中(4月15~21日)、77人が検挙されたことが6日、警察庁のまとめで分かった。1月に実施した強化期間(同月8~15日)の検挙者は39人で、ほぼ倍増。同庁は「4月は新入生や新社会人を狙った痴漢が増える」としている。
 路線別の被害では、京王線、JR中央線が各6件で一番多かった。次いでJR埼京線で5件。西武新宿線、JR総武線、東京メトロ千代田線、JR山手線が各4件と続いた。
 容疑者は30代と40代が45人に上り、全体の約6割。職業別では会社員が48人と最も多かった。 

【関連ニュース】
男湯脱衣場で盗撮=岩見沢市職員を逮捕
東近江市職員を逮捕=女子高生のスカート内盗撮容疑
新幹線で盗撮、JR西職員逮捕=出張帰り、女性の隣に移動
痴漢事件で男性に無罪=被害者証言の信用性否定
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕

小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
Mステ「シングルCDランキング」 おかしなカラクリあった(J-CASTニュース)
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い-宮崎(時事通信)
無職男性が自宅で変死 鼻から出血、家族が見つける 千葉(産経新聞)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
プロフィール

ミスターこういちみやた

Author:ミスターこういちみやた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。